着ているものもチェック!外資系企業の面接を受けるときの服装

個性が重視される外資系企業でも社会的なマナーは必要

外資系企業は結果重視、個人の意思を尊重するイメージが強く流布しています。実際、外資系企業は社員がラフな格好をしている所も少なくありませんが、面接となると話は違ってくるので注意が必要です。面接の際には俗にリクルートスーツと呼ばれる、シンプルで地味なデザインのスーツを着用するのが社会的なマナーとされています。絶対的な条件ではありませんが、多くの人が共有している価値観や常識を理解し、周りの雰囲気を損ねない社会性を持ち合わせていることを示す意味でも、面接時にはリクルートスーツを着るのが無難です。逆に、個性を演出するつもりで奇抜な格好をしても単なるへそまがりで非常識な人と見なされ、評価が下がることになるでしょう。

どのような企業でも清潔感を保つことは最低限の常識

外資系企業は仕事の性質上、価値観や考え方が異なる外国人と接する機会が多い傾向があります。そのため、日本国内の常識や価値観にとらわれない、広い視野を持つ人材が重宝されるのが普通です。しかし、業種や規模の大小に関わらず、企業の面接を受ける際は清潔感を保つことが社会的なマナーと言えます。清潔に保つのは最も基本的な身だしなみであり、対人関係を良好に保つための最低限の常識です。汚れや悪臭は他者に不快感をもたらす最たるものであるため、自分の体の衛生管理もできない人間がまともに仕事などできるはずはないと見なされてしまう可能性があります。いくら優秀であっても身だしなみを整えることができなければ外資系企業で活躍することはほぼ不可能なので、日頃から衛生管理には十分に気を配るように心がけましょう。