知人の紹介で探す!コネクションを活用した転職活動

外資系企業に働いている知人がいたら転職に活用しよう

外資系企業に転職したいと考えているなら、転職エージェントに登録する前に外資系企業に働いている知人がいるかどうかを確認することが大切です。外資系企業は、業務を効率化するために少ない人員で業務を行っているケースが多いので、一人一人に対する信頼感が高い傾向です。したがって、働いている仲間から人材を紹介された場合、その人材を採用することが高いと言えます。人気が高い外資系企業への転職は、なかなか採用されることが難しいので、コネクションを利用して優先的に採用してもらうことは有効です。しかし、紹介してもらったからには、知人の顔に泥を塗らないようにしっかりと結果を出すようにしましょう。転職は採用されてからが勝負なのです。

アメリカではコネクションを利用するのが当たり前

日本ではコネ入社と聞くと悪いイメージを持つことが多いですが、アメリカの場合は就職や転職時にコネクションを使うことは当たり前です。なぜなら、アメリカは日本と違って、移民国家なので様々な人種やバックグランドを持った人々が働いています。もし、コネクションを活用しなかったら、採用担当者がこれらの人達の中から企業の風土に合った人を探し出さなければなりません。それには莫大な時間とコストがかかるので、アメリカではコネクションによる採用を大切にしています。もちろんそれは、日本にある外資系企業にも同じことが言えるので、コネクションで外資系企業に入社するのは有効であると言えます。日ごろから人との付き合いと大切にして、コネクションを増やしていくのが、外資系企業の転職に成功する秘訣です。