語学力を見せられるチャンス!外国語で履歴書などを書く必要がある場合

高い語学力を担当者に効果的にアピールしよう

待遇が良い外資系企業にスムーズに転職をするには、早いうちから語学力を磨いて、採用試験の際に担当者に自分の能力を効果的にアピールできるように準備することが大切です。特に、海外の企業や顧客とのやり取りが多い外資系企業で働きたい場合には、英語をはじめとする外国語で履歴書などを書く機会もあるため、書類選考までに最低限のビジネス英語をマスターしておく必要があります。最近では、外資系企業の書類選考を突破するコツについて、様々な求職者向けの媒体でピックアップされることがあるため、就活の合間を縫って必要な情報を集めておくと良いでしょう。また、英語のスキルに自信が無い人であれば、外資系転職に詳しい人材紹介会社などに英語の履歴書の添削をしてもらうのもおすすめです。

語学に長けた人材を積極採用している企業を探してみよう

近い将来に海外駐在員として勤務をしたい場合には、語学に長けた人材を積極採用している外資系企業を探してみましょう。中でも、国内外での営業経験が豊富な人や、英語で色々な分野のコミュニケーションが取れる人は、様々な業種の外資系企業で重宝されることがあります。そのため、英語力が役立つ外資系企業を選ぶにあたって、複数の優良企業の採用担当者とコンタクトが取れるイベントに参加をしたり、外資系企業での勤務経験が長い人に就活のアドバイスを受けたりすることがおすすめです。また、書類選考や面接でより良い印象を持ってもらうには、実践的な英語を学べる環境が整っている英会話スクールに通ったり、社会人向けの通信教材を利用したりする方法もあります。